管理者兼児童発達支援管理責任者

管理者は、事業所の従業者及び業務の管理その他の管理を一元的に行うとともに、従業者に運営に関する基準を遵守させるため必要な指揮命令を行うものとする。

児童発達支援管理責任者兼管理者

児童発達支援管理責任者は、放課後等デイサービス計画の作成の業務のほか、常に障害児の心身の状況、その置かれている環境等の把握に努め、障害児又はその家族に対し、その相談に適切に応じるとともに、必要な助言その他の援助を行う。また、他の従業者に対する技術指導等のサービスの内容の管理等を行うものとする。

保育士

保育士は、個別支援計画に基づいて、常に児童の心身の状況、その置かれている環境等の把握に努め、児童に対し援助を行う。また、他の従業者と連携をとり、課題の取り組み状況、他の児童や職員とのコミュニケーション状況の把握に努めて、個別支援計画への反映ならびに支援の内容提示を児童発達支援管理責任者へ報告をする

児童指導員

児童指導員は、重度心身障がい児童を対象とした児童発達支援事業への配置が定められた職種です。放課後等デイサービスにおいて配置しなければならない職種は「児童指導員」「保育士」「障害福祉サービス経験者」とされ、そのうち「児童指導員」と「保育士」が半数を占めていなければなりません。仕事内容は、障がいを持つ子どもたちへの療育や、さまざまな事情を抱える子どもたちへのケースワーク(問題解決のための援助)を行います。

強度行動障害支援員

指導員業務に加え、障害者総合支援法に基づき、知的障害、精神障害により強度の行動障害を有する者に対し、適切な個別支援計画の作成に関する事、ならびに障害福祉サービスに関する必要な知識と技能の習得をしたスタッフとなります。

一日一回ポチッとしていただけると、記事更新の励みになります・・・(o^^o)

powered by crayon(クレヨン)