CHARAT KINGの称号を得るために必要な要件

1.社会力
利用者・職員に対して、良好な人間関係を保てる。
基本的人権を擁護し、自己決定を最大限尊重し、自立に向けた支援ができる。
利用者の理解と利用者・家族との良好な人間関係の確立ができる。
組織における役割・心構えの理解したうえで適切な行動ができる。
帰属心をもってチームの一員として継続した協働ができる。

2.支援力、介護力
自立して日常業務ができる。
福祉職員として自立した行動ができる。
利用者の人権を尊重し、かつ個別性を重視した業務ができる。
初任者等の相談をうけることができる。

3.法規の理解
法規の理解ならびにガイドラインの理解した上で福祉サービスを提供することができる。
不明な点など積極的に行政ならびに他事業所、上司に相談を行うことができる。

4.気づき
児童の行動、言動などの変化に早期に気づくことができる。
児童の障害特性を理解し、計画的に支援方法を作成することができる。
児童の家庭環境や児童のライフケアサービスと連携して、福祉のプロとして先を見通した計画作成ができる。

5.記録
正確な情報を残しておくことができる。
児童の生活の変化やスタイルをも表す重要な事柄を時系列で記録整理されている。

6.協調性
支援方法しかり、自分の経験や勘だけで支援サービスを提供するのではなく、ケースに対して他の職員と良好な関係を保ちつつ、支援サービスを共有することができる。

7.安定したサービスの提供
個別支援計画に沿った福祉サービスを提供できる。

以上7項目全般に理解している職員に対して、CHARAT KINGの称号を与える。

ホームページランキング参加中

powered by crayon(クレヨン)