きゃらっとQ&A

放課後デイサービスとは何ですか?
小学校1年生~高校3年生までの障がいをお持ちの児童が、学校の授業終了後や長期休暇中などに通う施設です。
学校外で集団生活を行う機会や居場所をつくり、家庭を支えるために創設され、障がい児の学童保育とも言われております。
利用する料金は?
放課後等デイサービスの利用料金は、児童福祉法に基づいた金額です。ご利用料金の目安1回当たりの利用料は1,100円前後になります。注:月額上限額(下記)あります。

 放課後等デイサービスの利用料金は、1割を自費でお支払いいただき、9割は都道府県・市町村が費用を負担しています。さらにひと月に複数回ご利用の場合は、世帯収入(下記)によってお支払いただく月額上限額が設定されます。生活保護受給世帯と税非課税世帯は、負担はありません(※)税課税世帯(約900万以下)4,600円(※)世帯収入(約900万以上)37,200円(※) ご兄弟で利用しても、上限額は倍にはなりません。※については、別途おやつ代50円、手作りお弁当代(希望者のみ)350円、その他教材費として1回100円程度、外出実費が必要となります。
療育手帳がないと放課後等デイサービスは利用できないの?
そんなことはありません。放課後等デイサービスは療育手帳を取得していない児童さんでも受給者証があれば利用することができる福祉サービスです。
受給者証とは何ですか?
児童福祉法に基づき運営をしている事業所のサービスを受けるためには、障害福祉サービス受給者証(以下、受給者証)の取得が必要になります。こちらを取得することにより、行政からの給付金を受けながら福祉サービスを利用することが出来るようになります。
未就学の場合、いつごろ放デイの受給者証を申請すればいいですか?
未就学の間には発行されませんが、就学年度の4月1日に利用開始をする前提で申請をすることはできます。事前に放課後等デイサービスを見学して利用の相談をしていただき、自治体の障害福祉の窓口で受給者証の申請をしてください。その際に「4月1日から利用開始希望です」と伝えるのも1つの方法です。
送迎は行なっていますか?
送迎は行っておりますが、契約時にご相談させていただきます。また、一部対象外地域もございます。
小学校にあがるまで児童発達支援の受給者証をもらって療育教室に通っていました。それとは違うのですか?
異なるサービスです。児童発達支援と放課後等デイサービスは異なる福祉サービスなので、新たに放課後等デイサービスの受給者証の申請が必要となります。
引っ越しをする場合、もう一度受給者証を申請しなければならないのですか?
申請が必要です。転居先の行政の福祉の窓口に問い合わせて申請手続きを行って下さい。
療育手帳があれば受給者証は必要ありませんか?
療育手帳(精神障害者保健福祉手帳)だけでは放課後等デイサービスを利用することはできません。福祉サービスとしての利用ではない場合、全額自己負担となってしまいます。住んでいる自治体の障害福祉課に問い合わせて申請手続きを行って下さい。

支給量が足りなくて困っています。もっと放課後等デイサービスに通わせたいのですがどうすればいいですか?
支給量は行政の福祉の窓口の判断によります。お子さんの成長や生活の変化に伴って放課後等デイサービスの利用時間を増やしたいことを障害福祉課に相談してください。
具体的に支援内容を教えて?
①学校生活で疲れた心身を休息させる。②日常生活における動作や所作の習得。③社会性スキルの向上。④学習支援。の4点が当方で行う主な支援です。お子さんの特性や困り事、ご家族の要望等をお聞きした上で詳細な個別支援計画を作成します。

夏休みなど長期休暇はどうなりますか?
児童を一時的にお預かりではなく、継続的に支援をして成長を促すことが目的の福祉サービス事業となりますので、夏休みなど長期休暇だけを利用することはできません。通常時(契約曜日)と同じ曜日で利用していただき、長期休みのみ家庭状況や環境などにより、利用曜日を追加することはできますので管理者にご相談ください。
延長利用は可能ですか?
延長サービスは可能ですが、延長サービスを利用する理由が必要となります。家庭環境や帰宅しても1人になってしまうなどを個別支援計画に記載させていただいた上で利用することができますので、管理者にご相談ください。
学校からの宿題は見てもらえますか?
ご希望に合わせて直接処遇職員の児童指導員もしくは保育士が対応致します。
当日利用の予約はできますか?
ご契約時にご利用曜日は決めさせていただいておりますが、他に当日キャンセルや定員に満たしていない場合は受給者証の範囲内で利用していただくことは可能です。早めにご連絡ください
早期療育のメリットとは?
早期療育のメリットは大きく分けて2つあります。1つ目は、障害を持つお子さんや発達が気になるお子さんは、物事の理解や習得に多くの時間と手間がかかる場合が多いです。早期に療育を開始することは、その時間と労力を確保する事に繫がります。2つ目は、お子さんの成長期に合わせて行う事が、より効果的だという点です。発達、知的障害は脳の機能障害と言われています、したがって脳に良い刺激をあたえ脳を活性化することでお子さんの成長を促進し、問題となる行動や特性の軽減が期待できます。脳は幼少期にもっとも成長します、したがって療育を開始するのは早い方が良いとされています。もちろん年齢に応じた支援プランや手法はありますので、早期でなければ手遅れという事はありません。しかし早期療育を行う事で、困りごと、数値上の知能、特性などにかなりの改善がみられたという例は、実に多く報告されています。
どれくらい通うのが良いのでしょうか?
原則は本人やご家族の意向に添う様にプランを提示させて頂きますが、やはり関わる機会が多ければ、それだけ支援を提供する機会も増えます。したがってなるべく多く利用して頂くことをお勧めしております。
今、他の事業所を利用しているが?
受給者証の日数内であれば、複数事業所を利用することができます。按分率は特にありません。複数事業所を利用されル場合は、当事業所から利用されている事業所へ事業所内での様子などを聞き取りをさせていただき、共有認識のもと福祉サービスを提供させていただきますのでご安心ください。
半日のみの利用はできますか?
毎日1日のプログラムを組み福祉サービスを提供させていただいておりますが、半日利用を希望される場合は、保護者送迎となります。また、基本的にはご利用料金に変更はありませんが、外出等で別途料金が発生する場合がございますのでご了承下さい。
言葉がとても少ないのですが増えますか?
療育を行う事で一定の改善は期待できます。
早期からの療育で可能性は高くなります。
他のお子さんとうまくやれるか?心配です。
皆一様に困難を抱えている児童ですので、ある程度職員が介入しなければやりとりが成立しない場合も多いのは確かです。しかし集団生活は、今現在もその先の将来にも、必要な経験ですし社会性スキルの向上には欠かせません。したがって当事業所では、集団生活や社会性スキルの向上に繫がるプログラムを、継続的に活動に取入れています。
緊急時の利用はできますか?
基本利用できます。警報発令時は原則保護者送迎となりますが利用できます。家庭内での緊急を要する場合は、サービス提供時間内で利用することはできますが、サービス提供時間外については、他の施設をご紹介をさせていただく程度となり、宿泊を伴う利用はお受けすることはできません。いずれにしましても管理者にご相談ください。。
利用料金以外に必要な物はありますか?
保護者様ご負担額とは別におやつ代50円、製作費用を別途いただいております。その他保護者との連絡ツールでシステム利用料として月に300円いただきます。また、基本的にはご利用料金に変更はありませんが、外出等で別途料金が発生する場合がございますのでご了承下さい。
駐車場はありますか?
事業所として4台駐車場があります。
一日一回ポチッとしていただけると、記事更新の励みになります・・・(o^^o)

powered by crayon(クレヨン)