月間きゃらっと 1月号

このたび放課後等デイサービスきゃらっとから「月刊きゃらっと」を創刊する運びとなりました。「きゃらっと」の特徴としては、スタッフが個々の個性や特性を考慮して、児童が放課後や休日に行きたい!と思える空間づくりを何より大切にしています。そのためにプログラムには遊びの要素を取り入れ、関心をもって主体的に取り組む中で楽しく、知らない間に多くの学び・経験を積めるように工夫しています。そのほか、プログラム以外にも好きなことや得意なことなどに熱中することで少しづつ自信を付けていき、色々なことに主体的にチャレンジする人間性、好奇心を育む環境づくりをしていきます。

月間きゃらっと 2月号

1月は初詣、お出かけ、好きなジュースを選び実際にレジを通る、2月はお買い物体験などをしました。充実した余暇を過ごすことは、生活の質(QOL)を向上させるために 欠かすことのできない要素であり、障害を持つ人たちが家庭や地域でいかに充実した余暇を過ごすか、そして、その支援方法について様々な模索が続けられております。きゃらっとでは、余暇とは一般的に空いた時間や余った時間を意味している言葉であるが、現代においては、余暇における活動が自分自身を成長させ、想像力や能力を広げ、生活を豊かにしてく可能性があると考えており積極的に余暇活動を行なっております。

月間きゃらっと 3月号

きゃらっと新聞3月号の記事テーマは卒業としました。3月は別れの月とも言われることもあり、学校で学び遊んだ友と別れる月でもありますきゃらっとも開所して3ヶ月目を迎え、児童も職員も徐々に事業所に慣れてきました。2月のバレンタインデーには、前もって粘土製作で型抜きなどを練習して本番に挑戦しました。焼けたクッキーにチョコペンを使用してデコレーション、メッセージを添えて完成させました。慣れと経験を積み上げて”できた”を一緒に感じれるような事業所にしたいと考えております。

月間きゃらっと 4月号

新年度スタートしました。新1年生も加わり事業所も賑やかになりました。きゃらっとでは1日の活動時間(3時間弱)この時間を大切にしております。1時間は個別課題、1時間は集団活動、1時間はコミュニケーションの時間と設定しております。その時間を充実に過ごせるように毎日障害特性に合わせて環境設定をします。小さな成長を見逃さず、小さなできたを積み重ね、将来に向かって自発性や自己決定を可能にする療育を進めております。

月間きゃらっと 5月号

GWに鯉のぼりパーティーを開催致しました。お好みダイニング イチ にて手羽先や鉄板焼き、お好み焼きなどを食べながら、保護者様方と直接お話をさせていただき日頃きゃらっとでどんな過ごし方、お友達との接し方など感じて頂けたのではないでしょうか。

月間きゃらっと 6月号

梅雨入りしジメっとした時期になりましたが、きゃらっと内では元気いっぱい色々な活動をしてます。指先を使用し作る工作や、PCタイピング、お菓子作りなど活動を通して楽しみながら学びます。
晴れた日には、きゃらっと自慢の手作りお弁当を持ってピクニックにでかけたり、畑ではサツマイモのつるさしもしました!
きゃらっとでは色々な体験を通し、日々成長していく事を支援しています。

月間きゃらっと 7月号

月間きゃらっと 8月号

月間きゃらっと 9月号

月間きゃらっと 10月号

月間きゃらっと 11月号

月間きゃらっと 12月号

一日一回ポチッとしていただけると、記事更新の励みになります・・・(o^^o)

powered by crayon(クレヨン)