2019/1/23 8:00

愛知県指定番号

2355100773

charat(きゃらっと)の強み!

きゃらっとで未来を切り拓く力が身につく!

 愛知県豊橋市(きゃらっと)です。一人ひとりの子どものキャラが”キラッ”と輝くことを願って!きゃらっととしました。自分の夢に向かってチャレンジできる「未来を切り拓く力」を育みます。自分の夢を見つけて挑戦する力が必要な時代。児童の社会性の向上を目指す事業所です。将来児童が自立し、いろいろな未来に挑戦できるように「未来を切り拓く力」を育て、児童やご家族の皆様と一緒に家庭内や学校の様子を伺いながら、継続的に活動を行います。「子どもたちが自身の長所を生かしながら、本人に合った自立ができるようになること」を目指し、さまざまな活動を通して一人ひとりの成長を支援する療育を行っています。児童一人ひとりがドリームパスポートを手に入れて羽ばたいて欲しいときゃらっとは考えています。

PAGE LINK

ホームページ ランキング挑戦中です。1日1回応援ボタンをクリックしていただくことで上位に掲載されます。お願いします。

放課後等デイサービスとは・・・

 小学校一年生から高校三年生までの学校通学中の障がいのある子どもたちが、放課後や長期休暇中に社会性や生活能力向上のための訓練や活動を行いながら、心と身体を育むことを支援し、安心して過ごせる時間を提供する施設です。(未就学児童に対しては「児童発達支援」というサービスがあります。)また、レスパイトケア(家族に代わり一時的に支援を代替することで、日々の疲れ等をリフレッシュしてもらう家族支援サービス)としての役割も担っています。
 利用に際して療育手帳や身体障害者手帳は必須ではないため、発達障がいの児童も利用しやすいという利点があります。

HOW TO ご利用までの流れ

まずはお気軽にお問い合わせください!
きゃらっとは、ホームページからのお申込み、または、きゃらっとへお気軽にご連絡ください。施設見学のご案内をさせていただきます。パンフレットやホームページだけではわからない「きゃらっと」の楽しさを体験してください。

• 通所受給者証をすでにお持ちの場合
通所受給者証を持参してご来所ください。ご契約後、利用日数に応じてすぐにご利用になれます。 スタッフがヒアリングを行い、個別支援計画に基づきご相談の上、ご提案させていただきます。

• 通所受給者証をお持ちでない場合
放課後等デイサービスを利用するために「通所受給者証」が必要となります。豊橋市役所内の福祉部 障害福祉課で「通所受給者証」の発行手続きを行ってください。支給決定後、「通所受給者証」が発行されてサービスが利用可能となります。

お問い合わせがよくあるQ&A

Q.利用する料金は?
A.放課後等デイサービスの利用料金は、児童福祉法に基づいた金額です。ご利用料金の目安1回当たりの利用料は1,100円前後になります。注:月額上限額(下記)あります。

 放課後等デイサービスの利用料金は、1割を自費でお支払いいただき、9割は都道府県・市町村が費用を負担しています。さらにひと月に複数回ご利用の場合は、世帯収入(下記)によってお支払いただく月額上限額が設定されます。生活保護受給世帯と税非課税世帯は、負担はありません(※)税課税世帯(約900万以下)4,600円(※)世帯収入(約900万以上)37,200円(※) ご兄弟で利用しても、上限額は倍にはなりません。※については、別途おやつ代50円、手作りお弁当代(希望者のみ)350円、その他教材費として1回100円程度、外出実費が必要となります。

Q.療育手帳がないと放課後等デイサービスは利用できないの?
A.そんなことはありません。放課後等デイサービスは療育手帳を取得していない児童さんでも受給者証があれば利用することができる福祉サービスです。

Q.小学校にあがるまで児童発達支援の受給者証をもらって療育教室に通っていました。それとは違うのですか?
A.異なるサービスです。児童発達支援と放課後等デイサービスは異なる福祉サービスなので、新たに放課後等デイサービスの受給者証の申請が必要となります。

Q.未就学の場合、いつごろ放デイの受給者証を申請すればいいですか?
A.未就学の間には発行されませんが、就学年度の4月1日に利用開始をする前提で申請をすることはできます。事前に放課後等デイサービスを見学して利用の相談をしていただき、自治体の障害福祉の窓口で受給者証の申請をしてください。その際に「4月1日から利用開始希望です」と伝えるのも1つの方法です。

Q.療育手帳が取れなかったので受給者証を貰うことは難しいですか?
A.療育手帳がなくても受給者証を申請することは可能です。住んでいる自治体の行政の福祉の窓口に問い合わせてください。

Q.療育手帳があれば受給者証は必要ありませんか?
A.療育手帳(精神障害者保健福祉手帳)だけでは放課後等デイサービスを利用することはできません。福祉サービスとしての利用ではない場合、全額自己負担となってしまいます。住んでいる自治体の障害福祉課に問い合わせて申請手続きを行って下さい。

Q.引っ越しをする場合、もう一度受給者証を申請しなければならないのですか?
A.申請が必要です。転居先の行政の福祉の窓口に問い合わせて申請手続きを行って下さい。
Q.支給量が足りなくて困っています。もっと放課後等デイサービスに通わせたいのですがどうすればいいですか?
A.支給量は行政の福祉の窓口の判断によります。お子さんの成長や生活の変化に伴って放課後等デイサービスの利用時間を増やしたいことを障害福祉課に相談してください。

特徴!!きゃらっと福祉サービス

(ア)個別支援活動、(イ)日常生活活動、(ウ)集団生活適応活動、(エ)創作的活動、(オ)更生相談、(カ)食育健康管理(キ)介護サービス、(ク)送迎サービス ※全ての福祉サービスにおいて個別支援計画に基づいて提供します。

予定表

  • ■事業所利用について
    予定ではありますが1月4日がオープンの日となります。利用希望される方は、まず電話にてご連絡ください。利用に伴うご説明をさせていただきます。※新年度4月からご利用の方は、早めにご連絡ください。

    ■障害種別について
    有資格者、経験者など障害に特化した専門スタッフを配置しております。知的、身体、発達、精神等障害種別は問いません。また、職員とのコミュニケーション支援、個別支援、集団支援など様々なプログラム環境を考えていますのでご安心ください。他の児童の動き、年齢、コミュニケーション等のご心配もご相談ください。

    ■送迎サービスについて
    市内においては学校→事業所、事業所→自宅の送迎を行います。17時30分を超える利用の場合は原則保護者送迎をお願いしております。
    また、学校休日においては、自宅→事業所→自宅の送迎を行います。
    詳しくはスタッフにお問い合わせください。

    ■延長(時間)サービスについて、お仕事などの始業時間や終業時間などの理由によって、基本サービス時間外もご相談を前提に利用することもできますのでお問い合わせください。

    ■調理師調理による手作りお弁当について 
    1食350円で安心、安全、美味しいを第一に考え、食に興味、噛んで食べるを支援していきます。学校休日には手作りお弁当サービスを行います。
    定期的に保護者の方々へアンケートを実施して、手作りお弁当の参考にさせていただきます。

    ■おやつ提供について
    1回50円徴収させていただきますが、学校休日などサービス提供時間が比較的長く取れる時には、クッキング体験をはじめ、菓子製造に使う野菜栽培など将来、グループホームでの生活を考え、簡単調理の調理スキルを身につけていただくために、おやつ作りを行うこともあります。
    例えば、焼き菓子やホットケーキ、チョコレートフォンデュなど

    ■当社が考える利用について
    児童一人ひとりの特徴、スキル、障害程度などから個別支援計画を作成していきます。支援を継続することで”できた!”を増やしていきます。従いまして、継続支援の観点から週3日以上程度の利用をお願いし、保護者様へもご協力いただくこともあると思いますがよろしくお願いします。

アクセス

所在地:愛知県豊橋市向山台町13-10 カルディアス101

電車をご利用の方:豊橋駅より車で10分(愛知県立豊橋商業高等学校前)
バスをご利用の方:豊橋商業高等学校

駐車場:4台分ございます。

ご利用前に、安心いただけるよう施設見学ならびに説明をさせていただきます。
お気軽にどうぞ!

受付時間:午前9時00分~午後18時00分

ホームページランキング参加中

powered by crayon(クレヨン)